ゲーム

2009年2月 9日 (月)

relax030 遊園地で観覧車に乗る

2784217909_b0bde31e8d_o2  今回のリラックス法は「観覧車に乗る」です。

 高いところが苦手でなければ、遊園地の観覧車もおすすめです。一人でなく、誰かと乗ってください。普段話ができない家族とゆっくり話をする機会が持てます。小さくなった下界を上から眺めていると、細かいことで悩んでいる自分が馬鹿らしく思えるから不思議です。

 観覧車は英語でFerris wheelで、1893年にはじめて観覧車を作った技師の名前を冠しているそうです。巨大な車輪を回し、それに乗って空中散歩するという発想自体、当時は常人ではとても思いつかないものだったでしょうね。

 さて、リラックス法101のうち、やっと30番目が終わりました。早く全部おしえて!という方には、当院隣の健康増進施設「奥熱海療院」の受付で小冊子「自分でできるリラックス法101」を実費でお譲りしています。カラーコピーなのでどうしても一冊400円かかってしまうので、「高い」という方は根気強くブログとおつきあいくださいcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

relax021 手遊びを楽しむ

 子どもの遊びの基本は物に恵まれていなくても手軽にできるということです。手遊びは単純なのに無限の広がりがあります。影絵、じゃんけん、あやとり、おはじき、お手玉、折紙などなどバリエーションも豊富です。

 これまでに手でカエルを作る方法キツネを作る方法を図解入りでお伝えしました。

 今回はランニングフィンガーズです。Vサインの指先を下にして、二本の脚に見立てて走らせるだけの単純なものですが、これが馬鹿になりません。実にリアルな走り具合なので、携帯で撮った動画を確認してみてください。

 輪っかのポテト菓子を指先にはめて靴のようにして歩かせるとますます楽しいです。チャップリンが映画「黄金狂時代」で見せたロールパンのダンスのように、見る人を幸せな気持ちにするリラックス法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

手遊びを楽しむ 2

 今日は「手遊びを楽しむ」の第二弾です。前回は手でカエルを作る方法を伝授しました。このカエルは自分の方を向いているので、一人で楽しむ時にちょうど良いです。今回はキツネ。それも立体的なキツネで、相手の方を向いているやつです。だから、ちょっと難しいんですが、チャレンジしてみてください。

 ①まず、手の甲を上にして人差し指を交差させていきながら、中指の下にくぐらせていきます。

Teasobi21m

 ②次に、中指を曲げて、人差し指をぐっと締め込みます。この中指の曲げた部分が眉になり、人差し指の先っぽが目玉になります。

Teasobi22m_2

 ③そして、下に隠れていた親指をグッと立ち上がらせて、耳にします。そして薬指同士の指先をくっつけて上顎にします。

Teasobi23m

 ④最後に、小指同士の指先をくっつけて下顎にすれば、ほらできあがり。絵は横から見た手ギツネの姿です。どうです?できました?カエル同様、かわいがってあげてください。でも、自分からは見えにくいので、鏡に映してみると、意外と愛らしいですよhappy01

Teasobi24m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

手遊びを楽しむ

 手持ちぶさたの時にあなたは何をしますか? 今の若い人ならば携帯電話でしょうね。

 でも、子どもの頃の遊びは物に恵まれていなくても手軽にできることが重要でした。退屈が遊びを生み、遊びが子どもを育てます。だから、「子どもは遊びの天才」なんて言えるのです。

 手遊びは単純なのに想像力があれば無限に広がりがあります。影絵、じゃんけん、あやとり、おはじき、お手玉、折り紙などバリエーションも豊富です。こういうことが意外と今の自分の土台になっている気がします。さて、今日はあなたにカエルの手遊びをお教えしましょう。 

 ①両手の薬指と小指を下図のようにからませます。S_14

  次に両手の中指を曲げて薬指を押し広げるようにからませます。

S_15

 ③ そして、親指と人差し指を曲げて前面で口ばしを作ります。薬指の先っぽが目玉になるように、人差し指の上から飛び出させます。口をパクパク動かしたり、ニヤッと笑わせたりして遊びます。

S_16

 できましたか?これは子ども時代に伯母から教えてもらいました。最初は相当練習したのでしょう。何年経っても手が覚えています。大人になってからも、たくさんの子ども達に教えました。まず作って見せて、次にまねをさせて、できない部分を手伝いながら完成させます。でも崩すとできなくなります。何度か繰り返して、自分でできるようになった時の子どもの喜ぶ顔を見るのが楽しいです。

 伯母は数十年前に亡くなりました。おそらく私も同じ笑顔だったでしょうし、伯母もその顔を見たくて教えてくれたのでしょう。そして、私が教えた子ども達も大人になったら‥‥。それを考えると豊かな気持ちになります。でも、実は今でも手持ちぶさたの時に手カエルをしては癒されているので、年季の入ったリラックス法happy01と言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)