« スピリチュアル・ケアの基本 | トップページ | 自律訓練法~はじめに »

2011年10月24日 (月)

スピリチュアリティを読む

 これからケアをしようとする相手がどんなスピリチュアリティを持っているかを知ることは大切です。でも、その方法は思ったより難しいものです。たとえば、医師、看護師、心理職などの専門家は、ケアの前に様々な面談法や心理テスト・質問票を使って、論理的に順序立てて聞き取りたいと思うでしょう。スピリチュアル・ペインを抱えている人はそこに合わせることが難しい場合があります。

Spicarelog

 心の痛みを自覚して、そのケアを求めてくる人の場合とは違い、痛みを起こしているスピリチュアリティを自覚していないことが多く、システマティックにケアを受けることへの違和感があります。たとえばキリスト教社会では本人が「スピリチュアリティ」という言葉をわかって、その危機を自覚して、宗教家へケアを渇望する場合がありますが、日本ではそういうことはあまり望めません。聞き取りの目的を相手にわかってもらって、形式的な問答に協力してもらえる、とは限らないのです。
 それでも、専門家としてスピリチュアル・ケアを行おうとする人は知識や技法を学んでおくことが大切です。基礎があって応用も可能となります。特に言語的なスピリチュアルケアには、相手のスピリチュアリティを言語化しなければならないことがあります。また、言葉にならない言葉をつむぎながら、その人固有の物語を形にしていくには、時間や好機を味方につけなければなりません。効率や即効性を求めるファースト・メディスンの対極にあるスロー・メディスンと言えるでしょう。他にも、ケア提供者自身が人生経験を積み、人格を高め、自分を客観的に理解しようとする営みが必要で、これも一朝一夕では成らないものです。

Photo

 しかし、本ブログではいたずらに敷居をあげるつもりはありません。医療に限らず、教育現場、職場、地域、家庭でスピリチュアリティを意識したコミュニケーションがとれる人を増やすことが目的です。そのために最低限必要なことをお伝えします。
 それは、人への興味と温かい思いを持ちながら、なるべく多くの人の物語を知ることです。市井の人と接し、その人の生きてきた道や考え方、幸不幸、好き嫌い、喜びや悲しみ、希望や悩みなどにただ耳を傾けます。そして、フィクションでもノンフィクションでもできるだけ多くの人生を、スピリチュアリティの視点で読んでみることです。

 ※ここまでのスピリチュアリティについてのブログ記事を順番に読みたい方は左枠のLINKSにあるスピリチュアリティシリーズ前編をクリックしてみてください。まだまだ連載は続きます。

|

« スピリチュアル・ケアの基本 | トップページ | 自律訓練法~はじめに »

スピリチュアリティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアリティを読む:

« スピリチュアル・ケアの基本 | トップページ | 自律訓練法~はじめに »