« 自らを更新、見る者も更新 | トップページ | 2011大仁瑞泉郷花まつりは »

2011年4月14日 (木)

震災復興への花

Oofunatoengei

 4月10日~13日岩手県大船渡市に救援で入りました。大仁瑞泉郷からは医師・看護師・理学療法士・園芸療法士・美術文化担当者・調理師。MOA美術館から音楽担当者。その他、カウンセラー2名など総勢11名でした。

 また、四百人分の有機野菜具沢山味噌汁(芋煮)の食材を東京療院で準備していただきました。現地の医療関係者・スタッフ・ボランティアの協力があり、県を越えた「医・食農・美」の混成チームが希望の灯をともしてくれました。

 12日には避難所責任者の平山さんの要請で、大船渡中学校で大仁瑞泉郷のケアを提供できました。医療支援がすでに充実していた場所だったせいか、今回ほど食と美と心の力を感じたことはありませんでした。

Oofunatoengei2

 一番上の写真は園芸療法士と看護師らが葉っぱのスタンプによるカードづくりを提供している様子です。背後に手笛で音楽を流すスタッフや一輪ざし用の花々が見えます。葉っぱを上手に利用した絵は子ども達のひたむきで純真な心と感性を訴えかけてくれます。何時間も作成に熱中する中で、自分の体験や心情をごく自然に話してくれたようです。

Oofunatoengei3

 左の写真は、被災した自宅の庭のクローバーに雨が降って、きれいなしずくが光っている様子を描いたものです。それも幸せを運ぶ四つ葉です。

 私たちが帰る時に子ども達が見送ってくれました。バスが出発するとそのうちの一人が手を振りながらどこまでもどこまでも追いかけてくるのです。被災状況の厳しさとは対照的に、大船渡の皆さんの心に復興の花が咲きはじめていると感じた瞬間でした。

 復興の祈りとともに、新しい日本の創設への共通の願いを胸に、大仁瑞泉郷内外と連携し、これからもできることから一歩ずつ進めていきたいと考えています。

|

« 自らを更新、見る者も更新 | トップページ | 2011大仁瑞泉郷花まつりは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511534/51386790

この記事へのトラックバック一覧です: 震災復興への花:

« 自らを更新、見る者も更新 | トップページ | 2011大仁瑞泉郷花まつりは »