« relax053 ろうそくの火を眺める | トップページ | 世界初!自然農法家庭菜園の通信講座 »

2010年2月28日 (日)

広島で農医連携講演会

Hiroshimanou1_2

 おしらせです!農林水産省の農医連携促進モデル事業になった広島の福富自然農法普及会が

広島・農医連携講演会

を開催します。

 北里大学の副学長をされている世界的な農学者、陽捷行(みなみかつゆき)氏が「いのちと環境を守る農医連携」と題した基調講演を行います。その後に陽先生を交えて、地元農家、食育推進家、そして大仁瑞泉郷から宮島専務理事と医師代表として私がフォーラムに登壇する予定です。
 メインテーマの「農医連携で健康なまちづくりを」に沿った形で、私の方からは農の受け皿としての新しい医の構築、グリーンメディスンということを提案したいと考えています。お近くの方は是非ご参加ください。

 チラシのダウンロードは冒頭のリンク先から行ってください。

|

« relax053 ろうそくの火を眺める | トップページ | 世界初!自然農法家庭菜園の通信講座 »

食と農」カテゴリの記事

コメント

今日はありがとうございました。無事ご帰宅されたことと思います。ネットをネットを開きましたら・・・ブログがあることは知りませんでした。総参加数は578名でした。反響の整理(アンケート)はこれからですが「私たちはこれからどこへ向かってに行けばいいのか」、「ロハスからソハス、ゴハスへと。」「協同をして行くこと」、農医連携の骨とする所等、主催者の意図を十二分に受け止めていただいていました。結果としてこのような講演会の継続と、実践を通して得られたもののその後。そして、その原点である大仁瑞泉郷へ訪問希望等です。整理が出来ましたら送らせていただきます。本当にお疲れ様でした。今後とも継続してして連携の程よろしくお願い致します。先ずはお礼まで。

投稿: 直村 憲作 | 2010年3月29日 (月) 00時08分

お忍びでの講演会拝聴となりましたが、願いはひとつ-健康!を目標に取組む各方面からのフォーラム登壇者の話は興味深かったです。陽先生の講演会もますますバージョンアップされた冗談が盛り込まれ楽しく学びを深められました。欲を言えば農家グループとクリニックの具体的取組みをもっと掘り下げて伺ってみたかったです。自然農法農産物を使った栄養相談や園芸療法・・この辺は、大仁瑞泉郷内でも22年度の課題として、多いに取組み、事例を挙げていかなければなりませんね。楽しみですー
畑側からの感想でした。

投稿: そのス | 2010年3月30日 (火) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511534/47677503

この記事へのトラックバック一覧です: 広島で農医連携講演会:

« relax053 ろうそくの火を眺める | トップページ | 世界初!自然農法家庭菜園の通信講座 »