« relax037 料理をつくる | トップページ | 芥川龍之介「杜子春」その2 »

2009年7月 5日 (日)

芥川龍之介「杜子春」その1

芥川龍之介「杜子春」①

 久しぶりに朗読ファイルをアップしました。芥川龍之介「杜子春」その第一回目です。BGMには二胡の音色が郷愁を誘う楽曲を使い、私にしては時間をかけてていねいに作成しました。無一文になって途方に暮れている杜子春の前に、怪しい老人が現れ、黄金の山のありかを教えてくれます。はたして杜子春の運命は転換できるのでしょうか?

 BGMにふさわしい著作権フリー素材がなかなか無かったのですが、(株)センターラインレコードから著作権つきの二胡の楽曲を見つけ、購入しました。朗読内容にぴったりで満足しています。

 杜子春は昔から好きな物語ですが、なぜ自分で好きなのかがよくわかりませんでした。でも、今回朗読してみてぼんやりとわかってきました。それについては次回以降に譲ることにしましょう。

|

« relax037 料理をつくる | トップページ | 芥川龍之介「杜子春」その2 »

朗読」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芥川龍之介「杜子春」その1:

« relax037 料理をつくる | トップページ | 芥川龍之介「杜子春」その2 »