« 瑞泉郷花だより その1 | トップページ | 4月1日はエイプリルフールではなく‥ »

2009年3月29日 (日)

relax032 芝居、映画、コンサートに出かける

 芝居、映画、コンサートを観に出かけるというのは手続きがあってしんどいと思われるかもしれません。しかし、慣れてしまえば、そうでもありません。一人で出かけるのも良し、気兼ねがいらない友人と出かけるのも良し。内容は難解で暗いものは避けてください。あくまでもリラックスやリフレッシュが目的です。

Kyakuhon1  芝居というとすぐに思い出すのが1983年3月俳優座劇場で演劇集団「円」の舞台です。別役実氏の「うしろの正面だあれ」という戯曲で、中村伸郎・三谷昇・岸田今日子など性格俳優が出演していました。いわゆる不条理劇ですが、随所に笑いを誘う場面があり、観客席全体が笑いの渦にどんどん巻き込まれる感じでした。

 おそらく、役者も乗っていたのでしょう。乗りすぎて水を吹き出す演技で一列目の観客達にひっかかってしまい、一瞬眼があわてていました。やっぱり特別な出来の日だったと思います。

 でも、テレビでお笑い番組を見ていても、あれほどは笑いません。なんであんなに笑ったのか知りたくて検索した結果、舞台台本を神田古書店で見つけました。

Kyakuhon2  ガリ版刷りのシンプルな台本を読んでいると、忘れていたはずの記憶がはっきりしてきました。すでに故人になった役者さんのセリフまわしや照明や音楽を含めて、その時の舞台が心の中に再現できたのです。大笑いはしませんでしたが、タイムカプセルを開いたときのような感動をもらい、四半世紀前の自分に感謝したくなりました。未来の自分のためにも、このリラックス法はおすすめです。

|

« 瑞泉郷花だより その1 | トップページ | 4月1日はエイプリルフールではなく‥ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しくブログを拝見しています
突然ですが先生に是非聞いて頂きたい歌があるので書き込みします
手紙 親愛なる子供たちへ 樋口了一
という歌です。ヤフーで検索すると出てくると思います。

投稿: YK兄 | 2009年3月29日 (日) 18時06分

「手紙」聞きました。切なくもジーンとくる歌ですね。

樋口了一さんの「1/6の夢旅人」は何百回聞いたか‥
もちろん、TV番組「水曜どうでしょう」のテーマ曲としてですが。
また、ひとつ後世に残る歌を作ってくれましたね。

投稿: ok-max | 2009年3月29日 (日) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511534/44380199

この記事へのトラックバック一覧です: relax032 芝居、映画、コンサートに出かける :

« 瑞泉郷花だより その1 | トップページ | 4月1日はエイプリルフールではなく‥ »