« relax031 音楽① | トップページ | 伊豆新聞社の連載がはじまりました! »

2009年3月 9日 (月)

relax031 音楽②

Ongakus  疾患や障害を持っている方に対して、音楽が癒しの力を発揮する方法として音楽療法があります。写真は奥熱海療院での音楽療法デモ風景です。聖路加病院の日野原重明先生がその資格化に取り組みましたが、それには音楽に対するひとかたならぬ思いがあったようです。私も十数年前に音楽療法のワークショップに参加し、日野原先生のお話をうかがった覚えがあります。

 現在は主に日本音楽療法学会によって音楽療法士が認定されます。学会では音楽療法を科学的にとらえ、一定の効果をあげるための技術向上を目指さなければなりません。一方、現場の療法士は心の交流や感動体験によって結果が左右され、必ずしも科学的な枠組みでとらえきれないものを感じているようです。

 昨年の日本スピリチュアルケア学会で97歳の日野原先生の基調講演を聞く機会がありました。そこで御自分の臨終の場で流す音楽はフォーレのレクイエム(鎮魂ミサ曲)にしてもらうんだ、と楽しそうに話されていました。できれば、その音楽を聴きながら、「いのち」をいただいたことへの感謝の一言を残して、最期を迎えたいというのです。

 これは音楽がもたらす天にも昇るような気分を先生が常々感じていることを表したものだと考えます。専門用語では芸術的至高体験とか自己超越的体験とか呼びますが、要するに理屈で説明のつけようがない「感動の嵐」体験です。

 ですから、音楽療法ではプチ至高体験がもたらされる可能性がある、と思うのです。YouTube動画でフォーレのレクイエム(ヘイリー・ウェステンラのlive)をお楽しみください。

|

« relax031 音楽① | トップページ | 伊豆新聞社の連載がはじまりました! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511534/44293976

この記事へのトラックバック一覧です: relax031 音楽②:

« relax031 音楽① | トップページ | 伊豆新聞社の連載がはじまりました! »