« 奇蹟の一枚 | トップページ | 映画「おくりびと」のこと »

2009年2月19日 (木)

ジェームズ・アレン「人は心の中で思った通りの人間になる」①

ジェームズ・アレン「人は心の中で思った通りの人間になる」①

 今日の朗読音声は英国の哲学者ジェームズ・アレンの「人は心の中で思った通りの人間になる」から「想念と人格」をお送り致します。

 ジェームズ・アレン(1864~1912)は日本ではあまり知られてはいませんが、欧米では聖書に次ぐベストセラーと言われるほどよく読まれた著作家です。「人間は想念通りになる」といった簡潔な哲学が万人に受けるのでしょう。彼は地位も名誉も財産も望まず、つつましやかで静かな生活を送りながら、9年間の執筆活動の後、若くして亡くなっています。

Junichirokoizumi  しかし、彼の著作を読んだ多くの人が勇気づけられ、その信条を受け継いで成功を勝ち取る者も現れました。そして、成功哲学や自己啓発書に頻繁に引用されることになったわけです。でも、彼自身が世俗の成功に興味を示さなかったことを考えると実に皮肉な話です。

 今回は耳で聞いてもわかりやすい日本語意訳(Word文書download)に挑戦してみました。英語版はGoogleの書籍プレビューをごらんください。イラストでは小泉純一郎元総理に登場してもらい、国家や政治家の品格についてジェームズ・アレン風に語ってもらいました。

|

« 奇蹟の一枚 | トップページ | 映画「おくりびと」のこと »

生き方提案」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェームズ・アレン「人は心の中で思った通りの人間になる」①:

« 奇蹟の一枚 | トップページ | 映画「おくりびと」のこと »