« 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 | トップページ | relax020 絵本を読む① »

2008年12月15日 (月)

サザンカの道

 大仁では落葉で森の見通しが良くなってきました。その中でサザンカ(山茶花)が咲き誇っています。童謡「たき火」を小さく口ずさみながら散歩します。

さざんか さざんか 咲いた道
たき火だ たき火だ 落ち葉たき
「あたろうか」「あたろうよ」
しもやけおててが もうかゆい (巽聖歌・作詞、渡辺茂・作曲)

Sazanka  作詞は昭和のはじめ、東京郊外を散歩した際にできたそうです。NHKの依頼で曲がつけられましたが、真珠湾攻撃の翌日にはじめてラジオで放送されると、軍のクレームで放送禁止になりました。「たき火は敵の攻撃目標になるし、落ち葉だって貴重な資源だから」という理由でした。戦後、解禁され大ヒットすると、今度は消防庁からクレームが来たそうです。

 サザンカとツバキは似ていますが、見分け方があるそうです。①咲く時期が違う。前者は秋~冬、後者は初春②散り方が違う。前者は花弁がバラバラ、後者は花ごと落ちる③葉が違う。前者はギザギザが目立ち、後者は無い④その他、サザンカは葉柄や若枝に毛が生えているなどです。とすると写真はサザンカですね。まだまだ咲いていない蕾が鈴なり状態で、楽しめそうです。

|

« 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 | トップページ | relax020 絵本を読む① »

園芸」カテゴリの記事

コメント

大仁に行ってみたくなりました。大人になっても童謡を口ずさみながら散歩できるなんて素敵ですね。脳が元気じゃないと童謡なんて自然と歌えない気がします。

投稿: にゃんたろう | 2008年12月15日 (月) 14時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サザンカの道:

« 芥川龍之介「蜘蛛の糸」 | トップページ | relax020 絵本を読む① »