« 横光利一「春は馬車に乗って」その2 | トップページ | 新美南吉「二ひきの蛙」 »

2008年5月24日 (土)

植物は天才である 2

 植物が天才だと思うのは、挿し芽の時にもあります。我が家に成長したアジサイの木が四本ありますが、これは三年前にアジサイの葉っぱを挿し芽して育てたものです。

 あの切れ端のように小さな葉と茎の一部から、根が生え、茎が伸び、葉が出て、ついには大輪の花を咲かせるようになるなんて、実際にやってみると衝撃でした。ヒトの体細胞を万能化して、いろいろな臓器を作ろうというのが最先端の再生医療です。でも、植物の場合は家の庭で、しかも土にまみれた手でおおざっぱにチョンチョンとやるだけで、それが可能になります。

Ajisaisashime1_6 Ajisaisashime2_2 まず、アジサイの花が咲かなかった部分を左上図のように切り取ります。

 次にチョンチョンと葉と茎を整理して、かなりコンパクトにしてしまいます。こんなに切りつめていいの?という感じです。

Ajisaisashime3  そして、乾かないように養生しているうちに、根が生えてしっかりしてきます。あとは秋になって地面や鉢に定植するだけです。

Ajisaihaname  それで、一片の葉からこんなに大きな木になり、今年も花芽をいっぱいつけて咲き始めるのですから、感心です。

 植物のいのちは無限だなあと感じると同時に、植物がこれだけできるのなら、人間にも無限の可能性があるんじゃないかなあ、と単純な私には思えて仕方がないのです。

|

« 横光利一「春は馬車に乗って」その2 | トップページ | 新美南吉「二ひきの蛙」 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

ほんとですねぇ~、以前ある方が「雑草になりたい」と2001年位だったでしょうか、話されていた事を私もそう感じていた事を思い出しました。

生命力の強さ、たくましさ羨ましく思う時があります。ウンウン。

投稿: hasegawa | 2008年6月 6日 (金) 11時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植物は天才である 2:

« 横光利一「春は馬車に乗って」その2 | トップページ | 新美南吉「二ひきの蛙」 »